クリーニングスリット加工

スリット加工を行う製品の多くは、ほんの僅かな汚れや不純物の付着であっても不良になってしまうことがあります。しかし、加工材料を運んでくる間や、スリット加工の機械にセットするときに、どうしても小さなホコリやチリと言った不純物が付着することもあるでしょう。

場合によっては油汚れが随所に見られることもあるのですが、そんなときには普通にスリット加工を行うのではなく、クリーニングローラーを設置したクリーニングスリット加工を行うことで、しっかりと汚れを取ることができるのです。クリーニングスリット加工の修理は大きく分けると4種類存在しています。

1つ目はナノワイパーで油分などをふき取るリキッドワイピング、2つ目は静電気によって付着したホコリなどを取るタッキングロールクリーニング、3つ目は金属箔の油分の除去に適しているプラズマクリーニング、最後の4つ目はイオンと洗浄エアーを吹きつけることで、材料に触れることなくクリーニングができる非接触表面洗浄です。

関連記事・参考記事

  • 極細のスリット加工2015-12-29 極細のスリット加工 スリット加工を行う場合、横幅はある程度広いこともあるのですが、中には極細の加工をしなければいけない場合もあります。スリット加工の機械はどんどん […]
  • 検査に使用されることが多い巻き替え加工2015-12-26 検査に使用されることが多い巻き替え加工 スリット加工を行っている業者であれば、巻き取りを専門に行う巻き替え加工が行える機械を導入していることが多いでしょう。巻き替え加工というのは、ス […]
  • 湿布にも使用されているスリット加工・フィルム加工2015-09-23 湿布にも使用されているスリット加工・フィルム加工 スリット加工された製品はいろいろな場面で使用されているのですが、肩こりや腰痛、筋肉痛になったときに使用する湿布も、実はスリット加工を行ったフィ […]
  • プラズマ処理2015-09-21 プラズマ処理 スリット加工を行った後は、表面が少し汚れてしまう場合もあります。このような状態でも納品できる品物はあるのですが、多くの場合には品質を保持するた […]