検査に使用されることが多い巻き替え加工

スリット加工を行っている業者であれば、巻き取りを専門に行う巻き替え加工が行える機械を導入していることが多いでしょう。巻き替え加工というのは、スリット加工を行う機械ではなく、フィルム材などを巻き取る専門の機械です。では、巻き取り加工の機械というのはどのように使われるのでしょうか。

主に検査をするときや巻き芯の変更、不良部分の除去などに使用されています。スリット加工を行ったフィルム材などは、普通の方法では検査をすることができません。そこで巻き替え加工の機械を利用して、不良部分がないのか確認するのです。もし不良が発見された場合には、その部分を除去してしまえば問題ありません。

中には表と裏を変えて巻き取ってほしいという依頼が来ることもありますが、このように表と裏を巻き替える作業にも使用されています。ただ材料を巻き取るだけの機械でも、これだけ使用用途がありますし、スリット加工を行う業者にとっては、なくてはならない機械だと言えるでしょう。

関連記事・参考記事

  • クリーニングスリット加工2015-12-31 クリーニングスリット加工 スリット加工を行う製品の多くは、ほんの僅かな汚れや不純物の付着であっても不良になってしまうことがあります。しかし、加工材料を運んでくる間や、ス […]
  • 横に切る断裁加工2015-12-28 横に切る断裁加工 スリット加工というのは縦方向にフィルム材や金属箔をカットする加工方法です。では、縦方向のカットはできても、横方向のカットはできないのかというと […]
  • 湿布にも使用されているスリット加工・フィルム加工2015-09-23 湿布にも使用されているスリット加工・フィルム加工 スリット加工された製品はいろいろな場面で使用されているのですが、肩こりや腰痛、筋肉痛になったときに使用する湿布も、実はスリット加工を行ったフィ […]
  • プラズマ処理2015-09-21 プラズマ処理 スリット加工を行った後は、表面が少し汚れてしまう場合もあります。このような状態でも納品できる品物はあるのですが、多くの場合には品質を保持するた […]