スリット加工の多くはフィルム材

スリット加工を行う場合には、極薄の材料を使用するのですが、極薄の材料にもいろいろと種類があります。一般的なのはフィルム材か金属箔でしょうが、実際にはフィルム加工を行う場合が多いでしょう。もちろんフィルム材にもいろいろと種類があります。

フィルムというのはプラスチックで作られているので、プラスチックフィルムというのが正しいでしょう。主な種類はポリエチレンやポリプロピレン、ポリカーボネートやポリイミドなどがよく知られています。他にもアラミドフィルムやフッ素樹脂、アクリルフィルムやナフタレートフィルムなどがあり、様々な場面で活躍しているのです。

このようなフィルム材を加工することが多いスリット加工ですが、フィルム材をスリット加工する場合には、不純物の付着やシワなどに注意する必要があります。ほんの僅かな不純物が付いただけで不要になる製品もありますし、少し触れただけでもしわになる可能性があるので、取り扱いには十分注意しないといけません。

関連記事・参考記事

  • クリーニングスリット加工2015-12-31 クリーニングスリット加工 スリット加工を行う製品の多くは、ほんの僅かな汚れや不純物の付着であっても不良になってしまうことがあります。しかし、加工材料を運んでくる間や、ス […]
  • 横に切る断裁加工2015-12-28 横に切る断裁加工 スリット加工というのは縦方向にフィルム材や金属箔をカットする加工方法です。では、縦方向のカットはできても、横方向のカットはできないのかというと […]
  • 湿布にも使用されているスリット加工・フィルム加工2015-09-23 湿布にも使用されているスリット加工・フィルム加工 スリット加工された製品はいろいろな場面で使用されているのですが、肩こりや腰痛、筋肉痛になったときに使用する湿布も、実はスリット加工を行ったフィ […]
  • プラズマ処理2015-09-21 プラズマ処理 スリット加工を行った後は、表面が少し汚れてしまう場合もあります。このような状態でも納品できる品物はあるのですが、多くの場合には品質を保持するた […]