プラズマ処理

スリット加工を行った後は、表面が少し汚れてしまう場合もあります。このような状態でも納品できる品物はあるのですが、多くの場合には品質を保持するために、ほんの僅かな汚れもダメだという場合があります。このようなときにはスリット加工を行った後に、洗浄をしてから納品しなければいけなくなります。

他にも表面にほんの僅かな突起を付けて、密着度を高めてほしいという依頼を受けることがあります。しかし、突起が大きすぎると逆に密着度が少なくなるので、ほんの僅かな突起でなければいけないこともあるのです。このような加工も現在では可能になっていて、プラズマ処理を行うことで、表面の洗浄やナノレベルでの突起を付けることが可能になります。

スリット加工後にプラズマ処理が行えるようになってからは、かなり品質が上がりましたし、多様化もしてきました。しかもいろいろな素材にプラズマ処理を施すことができるので、スリット加工を行っている会社では、どんどんプラズマ処理を行う機械が導入されています。

関連記事・参考記事

  • クリーニングスリット加工2015-12-31 クリーニングスリット加工 スリット加工を行う製品の多くは、ほんの僅かな汚れや不純物の付着であっても不良になってしまうことがあります。しかし、加工材料を運んでくる間や、ス […]
  • 横に切る断裁加工2015-12-28 横に切る断裁加工 スリット加工というのは縦方向にフィルム材や金属箔をカットする加工方法です。では、縦方向のカットはできても、横方向のカットはできないのかというと […]
  • スリット加工の多くはフィルム材2015-10-26 スリット加工の多くはフィルム材 スリット加工を行う場合には、極薄の材料を使用するのですが、極薄の材料にもいろいろと種類があります。一般的なのはフィルム材か金属箔でしょうが、実 […]
  • 湿布にも使用されているスリット加工・フィルム加工2015-09-23 湿布にも使用されているスリット加工・フィルム加工 スリット加工された製品はいろいろな場面で使用されているのですが、肩こりや腰痛、筋肉痛になったときに使用する湿布も、実はスリット加工を行ったフィ […]