スリット加工に使用する材料

スリット加工を行うことができる材料は、フィルム材や金属箔が一般的ですが、フィルム材や金属箔にもいろいろな種類があります。
他にも特殊な素材が存在していますし、プラスチック素材の薄い物をスリット加工することもあります。そこでスリット加工がよく行われている材料を見てみましょう。

一般的にスリット加工が行われているフィルム素材と言えば、PETやポリイミドが知られています。それに対して金属箔の場合には、アルミニウムが最も多いと言えるでしょう。しかし、金属箔の種類は非常に多く、フィルム材に比べて多くの材料でスリット加工が行われています。

アルミニウム以外には、銅やニッケル、チタンやアモルファス合金などがあります。使用用途に応じていろいろな材料を使ってスリット加工が行われているのです。スリット加工は材料によって簡単に加工できる場合と、加工するのが難しくなる場合もあるので、簡単そうに見えても高度な技術が必要になります。

関連記事・参考記事

  • クリーニングスリット加工2015-12-31 クリーニングスリット加工 スリット加工を行う製品の多くは、ほんの僅かな汚れや不純物の付着であっても不良になってしまうことがあります。しかし、加工材料を運んでくる間や、ス […]
  • 横に切る断裁加工2015-12-28 横に切る断裁加工 スリット加工というのは縦方向にフィルム材や金属箔をカットする加工方法です。では、縦方向のカットはできても、横方向のカットはできないのかというと […]
  • スリット加工の多くはフィルム材2015-10-26 スリット加工の多くはフィルム材 スリット加工を行う場合には、極薄の材料を使用するのですが、極薄の材料にもいろいろと種類があります。一般的なのはフィルム材か金属箔でしょうが、実 […]
  • 湿布にも使用されているスリット加工・フィルム加工2015-09-23 湿布にも使用されているスリット加工・フィルム加工 スリット加工された製品はいろいろな場面で使用されているのですが、肩こりや腰痛、筋肉痛になったときに使用する湿布も、実はスリット加工を行ったフィ […]