クリーニングスリット加工

スリット加工を行う製品の多くは、ほんの僅かな汚れや不純物の付着であっても不良になってしまうことがあります。しかし、加工材料を運んでくる間や、スリット加工の機械にセットするときに、どうしても小さなホコリやチリと言った不純物が付着することもあるでしょう。

場合によっては油汚れが随所に見られることもあるのですが、そんなときには普通にスリット加工を行うのではなく、クリーニングローラーを設置したクリーニングスリット加工を行うことで、しっかりと汚れを取ることができるのです。クリーニングスリット加工の修理は大きく分けると4種類存在しています。

1つ目はナノワイパーで油分などをふき取るリキッドワイピング、2つ目は静電気によって付着したホコリなどを取るタッキングロールクリーニング、3つ目は金属箔の油分の除去に適しているプラズマクリーニング、最後の4つ目はイオンと洗浄エアーを吹きつけることで、材料に触れることなくクリーニングができる非接触表面洗浄です。

極細のスリット加工

スリット加工を行う場合、横幅はある程度広いこともあるのですが、中には極細の加工をしなければいけない場合もあります。スリット加工の機械はどんどん進化しているので、極細の加工も現在では不可能ではありません。このような極細の幅で加工することを、マイクロスリット加工と呼ぶこともあります。

あまりにも幅が広い状態でスリット加工を行うのも難しいのですが、極細のスリット加工も難しいので、かなり高度な技術が必要になります。少しでも寸法がずれてしまえば、その場所で切断されてしまう可能性もあるからです。中には糸のような細い幅での加工を行ってほしいという注文がくることもあります。

金属箔で極細のスリット加工を行うことはあまりありませんので、大半はフィルム材でスリット加工を行うことになります。もちろんゴミなどの不純物が付着していると、すぐにその場所から切れてしまうので、不純物が入らないようにクリーンルームで作業を行うケースが多いと言えるでしょう。

横に切る断裁加工

スリット加工というのは縦方向にフィルム材や金属箔をカットする加工方法です。では、縦方向のカットはできても、横方向のカットはできないのかというと、横方向にカットする加工方法を断裁加工と言います。断裁加工は上から横方向にカットするための刃が下りてくるので、シャーリングによく似ていると言えるでしょう。

この断裁を連続トムソン加工と呼ぶこともあり、機械もどんどん進化しています。断裁加工を行う場合には、まず加工を行う材料をセットします。セットした材料を機械の中に引き込んで断裁するのですが、このときに断裁した材料を自動で移動することができるのです。

よって断裁した材料が散らばってしまうこともなく加工できるので、とても効率的だと言えるでしょう。もちろんスリット加工をする前に、ある程度の大きさにカットしてから使用することもありますし、幅が広いスリット加工を行う場合には、スリット加工をしてから断裁加工をする場合もあります。加工の手順は会社によって変わります。

検査に使用されることが多い巻き替え加工

スリット加工を行っている業者であれば、巻き取りを専門に行う巻き替え加工が行える機械を導入していることが多いでしょう。巻き替え加工というのは、スリット加工を行う機械ではなく、フィルム材などを巻き取る専門の機械です。では、巻き取り加工の機械というのはどのように使われるのでしょうか。

主に検査をするときや巻き芯の変更、不良部分の除去などに使用されています。スリット加工を行ったフィルム材などは、普通の方法では検査をすることができません。そこで巻き替え加工の機械を利用して、不良部分がないのか確認するのです。もし不良が発見された場合には、その部分を除去してしまえば問題ありません。

中には表と裏を変えて巻き取ってほしいという依頼が来ることもありますが、このように表と裏を巻き替える作業にも使用されています。ただ材料を巻き取るだけの機械でも、これだけ使用用途がありますし、スリット加工を行う業者にとっては、なくてはならない機械だと言えるでしょう。

スリット加工で重要な3つの作業

スリット加工は手作業ではできませんので、専用の機械を用いて行います。スリット加工を行う専用の機械は、3つの作業を行うようにできているのです。その3つというのは、スリット加工を行う材料をセットしてから引き出す箇所、指定のサイズにカットする箇所、カットした材料を巻き取る箇所になります。

まず作業を開始する前に、スリット加工を行う材料をセットしないと始まりません。フィルム材や金属箔をセットして、どのような寸法で加工をするのか機械に打ち込んでスタートになります。それから材料が機械に吸い込まれ、指定したサイズにカットしますが、通常は縦方向のみのカットになります。

カットした材料がそのまま出てきたら、当然ぐちゃぐちゃになるので、再びロールに巻き取るという作業が必要になります。これで一般的なスリット加工は終了なのですが、他にも機械によって色々な加工ができるので、とても奥が深い仕事だと言えるでしょう。スリット加工を行う機械もどんどん進化しています。