スリット加工の多くはフィルム材

スリット加工を行う場合には、極薄の材料を使用するのですが、極薄の材料にもいろいろと種類があります。一般的なのはフィルム材か金属箔でしょうが、実際にはフィルム加工を行う場合が多いでしょう。もちろんフィルム材にもいろいろと種類があります。

フィルムというのはプラスチックで作られているので、プラスチックフィルムというのが正しいでしょう。主な種類はポリエチレンやポリプロピレン、ポリカーボネートやポリイミドなどがよく知られています。他にもアラミドフィルムやフッ素樹脂、アクリルフィルムやナフタレートフィルムなどがあり、様々な場面で活躍しているのです。

このようなフィルム材を加工することが多いスリット加工ですが、フィルム材をスリット加工する場合には、不純物の付着やシワなどに注意する必要があります。ほんの僅かな不純物が付いただけで不要になる製品もありますし、少し触れただけでもしわになる可能性があるので、取り扱いには十分注意しないといけません。